遅れている社会の対応

女性が多く働く企業では、子供を連れてこれるように配慮されているところも存在しています。それでも子供を育てながら働くのは、女性にとってまだまだハードルが高い状況なのは、ニュースなどでもよく目にしたり耳にしているかと思います。子供の数が減少しているというのに、なぜこのような現象が起こっているのでしょうか。

その背景には、働く女性が増えたことにあるでしょう。昔は女性は家庭を守るというのが主流の考えでした。男性が働いて家計を支え、女性が家事や育児、介護をすることで社会や家庭が成り立っていました。それは、女性の教育が男性に比べて遅れていたことも関係してるのではないかと思います。ですが戦後70年を過ぎて、今の日本では男性も女性も同等に教育を受ける機会がでてきて、同じように働く機会が与えられることになりました。

それでも女性が結婚をすると退職する、家庭に入るといった見方もあり、紆余曲折しながら今日に至っています。現在の働く女性の立場しか知らない世代にしてみると、仕事と家庭の両立が出来ない社会だと感じると思いますが、徐々にではありますが進歩はしているのが年代を追ってみていくと分かります。ですが時代と共に変化は早くなり、対応もスピードが求められるようになっています。この求められるスピードに行政が追いついていないのが現状だと思います。

また地域によっては保育園の建設を反対する住民運動などもニュースで取り上げられ、何が最良の方法なのか分からない状態になってしまっています。これから働く女性たちは、勤務先の子育てに対する意識や考え方、また働く女性に対してどのような考えを持っているのかといったことも、仕事を選ぶ際には見極めの材料にしなくてはいけません。